自分軸(モノサシ)とは?

あなたは自分のモノサシを持っていますか?

モノサシと聞くと小学生の頃にモノサシを隠された記憶が浮かんできます・・・

別にいじめられてたわけではありませんよ・・・(笑)

話をもどしまして、

人には、自分のクセがあって言葉にもあるんですよ。

というのは、「繰り返し使う言葉」に今の価値観があったりするんです。

特にこれまで人生がんばってきた真面目な方に多い言葉は、

「何が正解かわからない」

「どっちが正解なのか」

という言葉ですね。

正解という言葉をよく使います。

この言葉何が悪いの?と思う人もいると思うんです。

悪くはありませんよ、ただ、受ける印象としてこの人は自分の中に正解を持っていないのかなと思っちゃうんです。

正解を他人に教えられてきた人生なんじゃないかと・・・

・「親や先生が褒めてくれるから勉強を頑張る」

・「組織のリーダー、部長、学級委員になる」

・「頭の良い学校、いい企業に入る」

みたいに他人が創った価値観(モノサシ)で、生きている。

その中で頑張ることで褒めてもらえる。から頑張れる。

ただ、この生き方の欠点が「他人がモノサシを与えてくれなくなったらどうすればいいかわからなくなってしまう」事です。

そういう人ってモノサシがないから何していいかわからず、空虚感を感じたりして仕事とか嫌になってくるんです。

でも、そこで葛藤があるんです。

というのは「世間で1つの会社に長く勤めるのが正解」と思っていることが多いのに、

「たった○年で転職する」ことは、その人からすれば「不正解」になるんです。

もし、転職にするにしても、

「他にやりたいことが見つかってから転職するのが正解」って思っているのに、

今まで「他人が用意してくれたモノサシ」の中で生きてきているので、

そもそも、「自分のやりたいこと感覚自体がわからなかったりする」んです。

なので、「自分軸(モノサシ)がない方」にとって「仕事を辞めたくなった時」

初めて他人に与えられたモノサシから正解のない領域に足を踏み入れることになるので

深刻な悩みになるんですね。

 

でも、この話はだれにでも当てはまるような話でもあるんです。

例えば、「仕事を辞めても、次の仕事までの期間は空かないほうが良い」とか言うじゃないですか?

それって誰が決めてます?

あなたが本当に思っていることですか?

おそらく採用側が思っていることですよね。そしてその軸で私たちは思っていたりするんです。

嫌な仕事やめて解放されたら、少しは旅行とか暇を満喫したいじゃないですか?

私だけかな・・・(笑)

まぁこんな感じで気付かないうちに「他人のモノサシ」になっていることはあるんですよ。

 

こういう悩みってでも、新しい自分になるためのステップだったりするので良い事なんですよ。

他人のモノサシしか持っていなかった人がしっかりと自分と向き合うことで自分のモノサシを手に入れるわけですからね。

頭で思っていることと、心が感じていることが全然違うと人は悩むのでしっかりと向き合えた時に

変化していきますのでね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です