成功者の名言(荘子)

人物

荘子(そうし、紀元前369年頃 – 紀元前286年頃)は、中国の戦国時代の宋国の蒙(現在の河南省商丘あるいは安徽省蒙城)に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる人物である。荘周(姓=荘、名=周)。字は子休とされるが、字についての確たる根拠に乏しい。曾子と区別するため「そうじ」と濁って読むのが中国文学、中国哲学関係者の習慣となっている。

名言

道は通じて、一たり

========================

利を見てしこうして、その真を忘る

========================

水の積むこと厚からざれば、則ち、大舟を負うに力なし

=========================

之を聴くに、心をもってせよ

=========================

憂あれば、則ち救われず

=========================

善を為すも名に近づく無く、悪を為すも刑に近づく無し

=========================

高きに登るも慄れず、水に入っても濡れず、火に入っても熱からず、雲気をしのいで永久に生きるもの

=========================

至人は己無し、神人は巧無し、聖人は名無し

==========================

其の愚を知る者は、大愚にあらざるなり。其の惑を知る者は、大惑にあらざるなり。大惑なる者は終身解せず、大愚なの者は終身霊ならず

==========================

井の中の蛙、大海を知らず

==========================

力足らざれば偽り、知足らざれば欺き、財足らざれば盗む

==========================

君子の交わりは淡きこと水のごとし、小人の交わりは甘きこと醴のごとし

==========================

明鏡止水(めいきょうしすい)

==========================

徳をもって人に分かつ、これを聖という。財をもって人に分かつ、これを賢という

============================

窮するもまた楽しみ、通ずるもまた楽しむ。楽しむ所は窮通に非ざるなり

=============================

犬はよく吠ゆるを以って良とせず、人はよく話すを以って賢とせず

================================

功を以て人に勝つことなかれ。謀を以て人に勝つことなかれ。戦を以て人に勝つことなかれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です