中小企業の社長必見!これからの人材育成で重要な事とは?

中小企業の社長の皆さま、

あなたは、今何にお困りですか?

・資金調達

・サービス・商品開発

・売上・利益の向上、確保

・税金対策

・人材採用、育成

・後継者問題

などなど、挙げていけばキリがないです。

私が銀行員時代、また独立をしてからの経営相談でまず多い悩みは、

「人」「売上、利益」この2つが圧倒的に多いです。

その中で今回は、人に関して書いていきたいと思います。

人に対しての悩み

まず、どのような悩みを中小企業の社長、経営者の方が悩んでいるのか?

・良い人材が採用できない

・求人出しても、そもそも人が来ない

・せっかく採用したのにすぐやめてしまう

・人材の育成方法がわからない

・従業員同士or自分と従業員のコミュニケーションに悩んでいる

ざっと挙げると、このような事で悩んでいる方が多いのかなと思います。

そしてこの悩みに対して解決方法は少し異なります。

まず、採用で悩んでいる部分と育成で悩んでいる部分ではアプローチが変わっていきます。

人材育成の悩み

入社してくれたのは良かったけど、どう育てていけばいいかわからない・・・

こういう事って非常に多いと思います。

さらに、今後は人手不足が増えていくので、より人材育成が企業のカギになっていくと思っています。

ここで言う人材育成とは、会社の中でイキイキ働く事が出来る社員が増え、生産性が上がっていくという事です。

なぜ、現代は会社の中でイキイキ働く人を増やす事が重要であるかというと

・第二新卒という言葉が出てきた様に、人材の流動性が高くなりつつある。

・時代背景的にインサイドアウトの思想になりつつある。

この2つが特に大きな要因かなと思っています。

時代背景的にインサイドアウトの思想は説明があった方がいいですよね。

まずは、最近の就活生が就活前の企業を選ぶ基準は、条件面だったんですが、就活を終えてからは、社会にどれだけ貢献しているか?という風に変わっているんです。

つまり、現代の若者は、外的要因で仕事を選ぶのではなく、内的要因で仕事を選ぶインサイドアウトの思想になってきています。

なぜインサイドアウトの思想になっているかというと、個人の時代、自己実現の時代に変わりつつあるという事です。

マズローの欲求の様に、自己実現の時代に突入してきている為、個人の夢が会社の夢に繋がっていないとイキイキ働きづらくなってくると思います。

だからこそ、あなたの会社がどういう会社か?

どんな事を成していくか?

という事が問われてきているのです。

でも、自分の会社はただの不動産屋なんだよな、、、とか思う方もいるかもしれません。

ここで考えて欲しいのが、そもそもなぜあなたがその大変な仕事をしているのか?

これが、一番重要な想いになります。

それが確定できれば、あなたの会社に魅力を感じてくれる人もいます。

やっと、、、ここから具体的な話になります。長くてすいません

もし、今いる社員がイキイキと働けてないと感じている中小企業の社長の皆さん、朗報があります。

人が幸福感を感じる条件があります。

貢献感、所属感、他者信頼、自己受容が揃うと幸福感があるとアドラーも言っています。

この4つを揃える方法はどんなものがあるか?

・1人1人に役割(ポジション)が与えられている、自分自身が理解している

・チームの為に貢献しているという気持ちを感じてもらう(感謝する)

・従業員に対して肯定的に意見を聞く(ボトムアップ、現場の声を聞く)

・安全・安心の環境づくりをする(失敗を許容する社風)

・経営者の目線を持ってもらう

他にもありますが、まずこのような事をしていく事が人材の育成に関して重要であると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です