成功者の名言(ヘンリー・フォード)

経歴

 ヘンリー・フォードは、アメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者である。

 フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。

 カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。

 T型フォードは、オートメーションの導入により、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。

 フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」の創造者である。

 フォードはまた、消費者優先主義が平和の鍵だというグローバルなビジョンを持っていた。体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらした。

名言

奉仕を軸にした
事業は栄え、

利益だけを追い求める事業は
衰えるものです。

目標だけを
見るようにしなさい。

そうすれば、
あなたに障害なんて関係ありません。

結果がわからなくても、
やってみることです。

そうすれば
結果は勝手に出るのですから。

自分よりうまく出来る人がいるのなら、
その人に頼めばいい。

全部自分一人でやろうなんて
思わないことです。

自分で薪を割るようにしなさい。
そうすれば、2倍暖まりますよ。

年寄りは若いうちから貯金しろ
と言うが、それは間違いです。
自分に投資しなさい。

私など40歳になるまで
1ドルも貯めたことなどないのですから。

それが可能か不可能かなど、
誰も証明できないのです。

整理整頓の出来ていない工場に、
素晴らしい職人はいません。

お金にしか生み出さないビジネスほど、
つまらないビジネスはありません。

失敗を恐れた瞬間から
あなたの中のパワーが
無くなってしまうのです。

でも、失敗こそが
あなたを成功に導くチャンスなのですから、
失敗を恐れることも
恥じる必要もないのです。

むしろ恥じるべきは、
失敗を恐れる心なのです。

金で自由が買える
と思うのは誤りだ。

この世で本当にたよりになるのは、
知識と経験と能力だけである。

見返りを期待しなくなったとき、
倍の報酬がやってくる。

やる前から
あきらめてはいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です