踏み出す勇気がないあなたへ!一歩踏み出す方法とは?

何かをやろうと思うけどなかなか踏み出すことができない時ってありませんか?

やりたいと思っているけど、勇気が湧かない、、、

がんばりたいけど、続かない、、、

などなど、

なかなか一歩踏み出す勇気が出ない、そんな時ぜひ読んでください。

どんな状態

踏み出したいけど踏み出せない、勇気が湧かないってどんな状態でしょうか?

例えば、

・自分から人に話しかけれるようになりたい

・転職したい

・起業したい

・海外留学したい

・痩せたい

などなど、踏み出していきたいものがありますよね。

でも、なかなか勇気が出ない。

これは、2パターンあります。

(1)葛藤している

自分の中に2人いて葛藤している状態です。

話掛けたい自分(意識) ⇔ 話掛けたくない自分(無意識)

痩せたい自分(意識)  ⇔ 痩せたいと思っていない自分(無意識)、痩せるより食べたい自分(無意識)

 

この状態だと、自己一致出来ていないので、中々踏み出すことができません。

(2)偽りの目標

起業したいという人は本当に起業したいと思っているのか?という事です。

起業という希望を持っておけば、将来の起業という夢の為に今、この会社で仕方なく働いているんだという気休めになっている場合があります。

また、起業して得れる価値観を起業という選択肢しかみえていない場合です。

例えば、起業して楽に稼げるようになりたいと思っている方なら、起業しない方がいいかもしれません。

起業はそれなりのエネルギーが要ります。(特にスタートアップでエネルギーが要ります)

別にそれなら株とか投資を始めてもいいかもしれません。

本当に得たいことはなんなのかを確認する必要があるかもしれません。

 

踏み出すための方法

ここまでは、踏み出せない人がどんな状態でいるのかを書いてきました。

ここからは、踏み出していけるようになる為にどんな事をしていけばいいかを書いていきます。

(1)本当にやりたい事か

そもそも、踏み出したい事や克服したい事が本当にあなたが人生でやりたい事なのか?を良く考えてみてください。

例えば、上司との人間関係が上手くいかなくて、上司に自分から話掛けれるようにしたいだったとしたら、

それは、あなたが本当にやりたい事なのかを良く考えて下さい。

もし、上司と人間関係が上手くいかなくて支障がないなら別に上手くいかなくてもいいし、その時間を他の事に使った方が有意義かもしれません。

さらに、転職や異動があれば、そこにこだわる必要がないかもしれませんよね。

つまり、あなたが今踏み出したいと思っている事は目先の悩みになっているだけかもしれないのです。

もっと先を見据えた場合、それが必要ならぜひ、踏み出すべきだと思います。

(2)選択肢は他にないか

(1)の本当にやりたい事かに近いことなんですが、以前相談を受けた時、会計士になりたいけど仕事で疲れてて勉強がはかどらないという悩みを受けた事があります。

その時まず、本当に会計士になりたいと思っているのか確認していきました。

そしたら「事業再生」に携わりたい、そのために会計士っていうのが出てきました。

ちょっと待って欲しいのです。

事業再生できる分野なら

・銀行

・会計士

・経営コンサルタント

など会計士以外にも選択肢があります。

なぜ、その中で会計士なのか?聞いたら漠然としていたんです。

おそらくその状態だと中々勉強に踏み出したくても踏み出せないのです。

なぜか?

東大いきたいのはわかったけど、学部が決まっていないためどの教科の勉強をすればいいかわかっていないような状態だからです。

もちろんこの状態でも、学部も決め打ちでその分野の勉強してもいいんですが、何の為にがないとかなり辛くなります。

ましてや、東大や大学受験は周りがいるから頑張れるところがありますが、

あなたが頑張ろうとしている事を一人で考えているなら、なぜそれが良いと思ったのかまで落とし込まないと

続けられなくなります。

(3)自分に聞く

自分から話掛けたいとおもっているけどなかなか話し掛けれない場合は、

話掛けたい自分と話掛けれない自分に聞いてみましょう。

話掛けたい自分は「そろそろ変わりたいと思っている」

話掛けたくない自分は「冷たい目で見られたらどうしようと思っている」

なんて事が出てくるかもしれませんね。

この2人の意見が大切なのです。

じゃあ話掛けたくない自分が安心して出来ることって何かを考えてください。

スタバの店員に話しかけるところから始めるとか、

(スタバって第3の居場所を提供するというコンセプトがあるので受け入れてくれる店員ばかりです。)

冷たい目で見ないスタバ店員に自分から話掛けるだったらできそうかもしれませんね。

 

友達と遊園地に行ったときにAさん、Bさんがいて

Aさんはジェットコースター大好き

Bさんはジェットコースター苦手

この2人がお互いに気持ちよくジェットコースターに乗るには?

ディズニーランドのような優しいジェットコースターにするとかというハードルを下げる提案が出来そうじゃないですか?

それを自分にもしてあげるという事です。

 

もし、あなたが今踏み出したいけど、踏み出せない、勇気がない、ダメだと思っているなら

それは違います。

ただ、今のあなたにとっては大きすぎる一歩なのかもしれません。

もっと安心して出来ることから始めていつの間にかそれもできるようになっていますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です