スポーツでゾーンやフローの状態を作る方法とは?

スポーツの世界でゾーンやフローの状態は良く効くと思います。

でも、それがなんなのかはっきりと理解はできていないかもしれません。

スポーツをしていて、ボールが止まって見える、相手の動きが手に取るようにわかるなど

いつもではわからない事が出来るようになった経験ありませんか?

まさにそれが、ゾーンやフローの状態なんです。

日本語にすれば、覚醒状態や極限状態という感じでしょうか。

ゾーンとフローの違い

ゾーンやフローという言葉がありますがどのような違いがあるのでしょうか?

簡単に説明すると、

フローが集中している状態

ゾーンが極限の集中状態

という感じです。

もっとしっかりとした説明もあるのですが、これくらい簡単に説明した方がわかりやすいと思います。

ほとんどの人がゾーンを目指そうとしますが、ゾーンはなかなか訪れません。

フローに入ってからゾーンにいきます。

フローは時間を忘れて没頭している状態

ゾーンはボールが止まって見えたりする極限状態

 

フローやゾーンに入ると何が良いのか?

スポーツの世界でフローやゾーンに入ると何が良いのか?

例えば、2人のテニスプレイヤーがいたとしましょう。

Aさんの実力を点数にすると10点、Bさんは6点

普通に戦えばAさんが勝ちますよね。

ただ、大会や大事な試合では、緊張したりして本来の実力が発揮できない場合もあります。

フロー状態というのは、今の自分の実力をフルに使えるという事です。

Aさんが緊張して半分しか実力を発揮できない、

Bさんがフロー状態を常に発揮できる場合は

Bさんが勝ちます。

Aさんはアンリソースフルになっているのです。

Bさんはリソースフル(フロー)になっています。

さらにゾーンに入るといつも以上の力が出たりします。

Bさんだったら6→8くらいまであがるかもしれません。

これがフローやゾーンの効果です。

そして日々フローの状態を作れると常に6点を保って練習するので上達も早くなります。

あなたも、自分の実力が出せずに負けた時や負けるはずじゃない相手に負けた時ありませんか?

逆に勝てないと思っていた相手に勝てた時もありませんか?

これは、フローやゾーンだったり、相手がアンリソースフルになったりするという関係があるのです。

スポーツでフロー状態に近づくための方法

(1)今を生きる

今を生きるってなんか大きいテーマみたいになってしまいましたが、

多くのスポーツ選手が負けている時や負け始めたときに「やばい、どうしよう」と考えたりします。

これは過去を生きています。

過去の体験から、このままいったら負けてしまうどうしようという気持ちになっています。

しかし、現実を今を見てみて下さい。

まだ負けていません。

今、何をするべきか?そこに集中するのです。

過去も未来もコントロールできない、今だけがコントロールできることを理解して行動するといいのです。

まだ負けたわけではない、負ける確率が高くなっただけ、じゃあどうやったらその確率を減らせるのか?

例えば、野球であれば、9回で2点差で負けていてバッターボックスに入るときにどうしようと考えている選手がいたとします。

この時に2点差をひっくり返すなんて・・・と思っているのは今を考えれていません。

あなたが出来ることは、2点取り返すことではないです。

バッターとして塁に出ることです。

もっと細かくしてもいいでしょう。

フォークが来たら打つ。などあなたが今できることをやるのです。

すると、2点取らなきゃと焦っている時より今を考えて行動した方が落ち着く事が出来るはずです。

(2)行動、しぐさ、言動を変える

実際の例だと私のところにホームだと勝てるけどアウェイだと負けてしまうという相談がありました。

その時、どんなしぐさや行動、思考になっているか聞いたところ

<ホーム>

・点を取られてもうなずく

・大丈夫、大丈夫だと思えている

・ボールを取りに行くときに走って取りに行けてる

<アウェイ>

・点を取られたときに首をかしげる

・やばいと思っている

・ボールを取りに行くときにトボトボ取りに行っている

このような違いがありました。

ホームと同じようにやってみてと言ったら、そこからアウェイで負けなくなったそうです。

私が大学の主将をやっていた時も、チームはリーグでよく負けてしまうチームで

声掛けもネガティブワードが多かったので、声掛けを明るいワードに変えたところ

ベンチの雰囲気が良くなりパフォーマンスが向上しました。

(3)瞑想をする

日々の中に瞑想を取り入れると集中力が上がるというのは脳科学でも明らかになっています。

そして集中力というのはフロー状態を長く保つ重要なものです。

ぜひ瞑想してみて下さい。

私の体験

私がスポーツをしていてフローに入ったときの体験です。

あの時は危機感があって、明確な目標がそこにありました。

そして、その時に自分がやるべきことも明確になっていました。

つまり、緊張とリラックスのはざまがフローとも言えます。

本当に達成したい目標があり、今何をやるべきかがあるとフロー状態になるのではないかと思っています。

そのフローの時には、時間を忘れていてずっとそれに没頭できていました。

 

ゾーンを体験した際は、試合中でした。

その時は、何をすればいいのかが全部わかって相手の動きや次にしてくることが手に取るように分かって

自分の体がそれに合わせて動いていたと思います。

フローやゾーンで大切な事は、今何をするべきかがわかることなのではないか、

そしてそれだけに集中できることだと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です