自分の強みを発見し、ビジネスで活躍する方法とは?

就職活動やビジネスで良く言われるのが強みや長所の質問ですよね。

あなたはバシッと答えられますか?

多くの人が自分の強みってなんなんだろうって思ってしまいますよね。

自分の強みが見つかったら一つの指針になったりもします。

自分の強みって?

そもそも、なぜ強みを知っておくといいのか?

これは、スポーツの記事でも良く使っていますが、戦場にいる兵士だと考えるとわかりやすいです。

あなたが持っている武器は何がありますか?

銃、手りゅう弾、ナイフなど持っている武器(自分の強み)を知っているとどう戦えばいいかわかるようになります。

後、持っていない武器(自分の弱み)を知っているとそれを使わないやり方を考えれるようになります。

だからこそ、自分の強みと自分の弱みを知る事がとても大切なのです。

===================================

例えば、バスケットボールで活躍したいと思っている20歳くらいのAさん(男)がいたとします。

身長は150センチしかありません。

バスケットボールの世界では低すぎる選手です。

バスケットボールの世界で王道は高身長が圧倒的に有利だとみなさん思いますよね。

もちろん高身長であれば、有利なのです。

では、この選手が高身長になるように努力するのは正しいでしょうか?

答えは、Noです。

毎日牛乳飲んでも、早く寝ても180センチ位にはならないでしょう。

じゃあこの選手がバスケットボールで活躍するのは不可能なのでしょうか?

答えはNoです。

高さで戦うのではなく、小刻みに細かく動ける利点を活かして上手く戦えばいいのです。

確かに王道のスタイルでは勝てないかもしれませんが、あなたのスタイルが出来上がります。

===========================================

ビジネスで言うと、

口下手な営業マンがいました。

その人の悩みは上手くしゃべれるようになりたいだったのです。

あるお坊さんがその人に言いました。

営業はしゃべりが上手い人だけが出来るというものではないのですよ、これから名刺に口下手な営業マンです。と書きなさい。と

その次の日からその営業マンは名刺を配ると、君面白いねと言われたり、ほんとに口下手だねと言われながらも

誠実な対応が相手の心をつかみ、トップセールスマンにまでなっていました。(これは実話です。)

バスケットボール、口下手な営業マンの話で大切なのは、持っていない武器(弱み)を揃えようとしていた事で上手くいっていなかったという事です。

その後、弱みを知りそこを捨て、強みを活かして行動する事で圧倒的成果が生まれるようになったのです。

強みを知る方法とは?

ここまでできっと自分の強みを知りたいと思ったでしょう。

強みというものは、実は無意識に行っている事や無意識に考えていることが多く自分では当たり前だと思っている事が強みだったりします。

だから1人で見つけるのは難しいのです。

(1)ストレングス・ファインダー

これは、自分の強みを発見する非常に優れたツールです。

多くのビジネスマンがこれを利用していますし、これを組織づくりに活用している企業もあるくらいです。

ストレングス・ファインダーでは、人間には34の資質があるという区分があります。

その34の資質の内、どれを思考パターンとしていつも使っているかを調べるものです。

(2)ウェルトダイナミックス

これは、8つの属性のどれに当てはまるかを見るツールです。

この中で私はトレーダーという属性だったのですが、かなり当たっていました。

ちなみにトレーダーはカメレオンみたいな人でどんな人にもどんな場にも合わせられるらしいです。

(1)、(2)のような性格診断的なものをたくさんやるのもありだと思います。

その中で自分が当てはまるなと思う文章にマーカーを引き集めると自分の思考パターンが見えてくるかもしれません。

(3)人に聞く

自分の強みを知りたい場合は人に聞くのがおススメです。

自分だけでは、自分の強みに気付けない事も多いので、ぜひたくさんの人に聞いてみて下さい。

強みを磨く

強みがわかっただけでは、まだ使えない場合があります。

最初の戦場の兵士の例だと、

武器(自分の強み)が銃だとわかったとします。

でも、銃の使い方や操作方法、命中率を上げるなど強みを磨かないと使えません。

逆に言うとこんなの強みになるのかなと思うのが出てきても、それを磨けば強みになるかもしれないという事です。

強みを知ったら、他の人と違うという事を感じて見てください。

すると、より自分だけの強みだという事が確信できます。

そしてこの強みを活かしてどう行動すればいいか考えてください。

バスケットボールの例なら、シュートする時にはAくんの強みは発揮できそうにないですよね。

でも、パスするときになら存分に強みが生かせそう。

あなたの強みはどこで活かせそうですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です