瞑想の効果とは?今ここを感じる事が大切?

瞑想と聞いてスピリチュアル的なものだと思っていませんか?

・瞑想をすれば救われる

・瞑想をすれば心が洗われる

など、瞑想をそんな風に思うのはもったいない事です。

だってもっと科学的なものだからです。

瞑想とは?

瞑想とは?→姿勢と呼吸を統制することで心を統制する技術です。

心をコントロールする為に瞑想をしていつでも日常で取り出せるようにするのです。

徳を積んだお坊さんが誰かに罵倒されても心を落ち着かせたままそこにいるイメージが出来ますか?

おそらく出来るでしょう。

これは、自らの心をコントロールできるようになっているからです。

悟りの境地ですね。

しかし、ここの境地、悟りまで行くためにはそれなりの時間と修行が要ります。

ただ、お坊さんでなくてもその境地に近づくことが出来るようになります。

そして、それを身に付ければあなたの世界が大きく変わります。

瞑想が注目されている訳とは?

近年、瞑想はブームになり、多くの有名企業やアスリートなども取り入れています。

グーグルやスタンフォード大学でも瞑想の研修、授業があります。

では、なぜそんなに瞑想が取り入れられているのか?

(1)脳科学の実験をしてわかった瞑想の効果

瞑想を取り入れて修行をしていたチベットの僧侶たちの脳を調べてわかった効果は

・瞑想をすると集中力が上がる(通常の人よりもガンマ派が増加している)

・感情をコントロールできるようになる(脳の構造が変化している)

・うつやストレス軽減に効果がある

瞑想というのは、自分自身の力で脳に刺激を与え、脳を変化させていく作業ともいえるのです。

(2)瞑想の本当の効果とは?

瞑想の本当の効果とは、立ち止まって「今、ここを感じる」事ができることだと私は思っています。

私たちがいる世界は、目まぐるしく変化している世界です。

そして、たくさんのさばききれないような情報が絶えず入手できます。

ストレス社会の中、自分の気持ちを押し殺して働き続けるそんな日常を過ごしている方が多いのが現実です。

すると、毎日に意味を見いだせず、ただただ働くという生産性のないものになってしまいます。

自分の本当の気持ちや五感を気付くことができないようになります。

例えば、働くことばかりしているお父さん。

定年を迎えたときに、家族はだれも喜んでくれない、、、

働いて家族を養うことが幸せだと思っていたが、実は家族はもっといる時間を望んでいた、、、

など、立ち止まらなければ気付けない事がたくさんあります。

時代が変化し続けるからこそ、スピード感が重要なのはわかります。

しかし、本当に重要なものを見落としていって進んでしまう可能性もあるのです。

瞑想というのは、「ただ、いまここにいる」ことを感じるのです。

この変化の時代だからこそ大切なのは、立ち止まる事ができる力な気がします。

瞑想の方法

瞑想とは無になることだと思っている人も多いかもしれません。

確かにそうなんですが、修行も積んでいない時から無になることは難しいです。

いきなり、目をつむっても、いろんな事を考えてしまったりしますよね。

まずは、観察することが大切です。

1.ただ自分を感じることです。

手の感触、におい、音、体の感覚を感じて見てください。

2、俯瞰する

自分を防犯カメラのように客観的に見るという事ですね。

そこに怒っている自分がいたら、こいつ怒ってるなぁと客観的に見る事も瞑想になります。

3.全体を感じる

そこにいる人や全部を感じてみる

4、無

何も感じない、無の状態

このように段階的に瞑想はあります。

自分自身を感じる→客観的に自分を見る→相手と自分を全体として感じる→無になる

このように進んでいきます。

瞑想とは決してスピリチュアル的なものではなく、

今ここで、自分の内と外で起こっていることに気付いている状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です