成功者の名言(マハトマ・ガンジー)

生涯

1869年10月2日、ガンジーはインドに生まれた。
平凡で、体力的にも、知能的にも目立つものはなかった。彼はハイスクールを卒業し、イギリスに渡る。ガンジーは弁護士であり、ヒンズー教の信者であった。
ガンジーは、不正を嫌う正義の人であった。あるとき、窃盗容疑で起訴された男にガンジーが尋ねた。「何故、あなたはそんなことをしたのか」と。
「生きていくために仕方なく」と答えた男にガンジーは言った。「正しく生きられないなら、どうして生きなければならないのか」
これが、いかなる場合でも、ガンジーの一貫した態度である。
ガンジーはロンドンで弁護士資格を取得している。やがて南アフリカに赴任。
そこで、人生最大の惨めな体験をする。彼は、有色人種ということで屈辱的な差別を受けた。彼は、世の中の濁悪を知り、失意のまま、インドに帰国する。
そして、ガンジーは、弁護士から社会運動家に変貌していくのである。当初、インドが植民地であるという認識は彼になかった。
インドは大英帝国の一部だと思っていた。
しかし、インド人の言論と自由を奪う悪法(ローラット法:令状なしの逮捕、裁判なしの投獄が認められた治安維持法)の出現から、ガンジーは決然とインド救済に立ち上がった。人種差別と悪法を許せなかったのである。
その決意の立脚は、49歳の時であった。彼は、「貧しい小屋に生活できる決意ができれば、インドは真の自由を獲得できる」と言った。
ローラット法で、多くの同胞が殺され投獄される中、ガンジーは「塩の行進」をする。インド人は、当時、塩すら作る権利がなかった。
ガンジーは塩を作りに海岸へ赴く。
そして、海水から一握りの塩を作った。
この行為がインド全国にインパクトを与えた。
投獄を覚悟した同胞が、無数に立ち上がった。大英帝国は反逆者たちを逮捕し続け、ついに収容施設はパンクした。
そして、インドは300年間の外国統治から開放されるのである。

名言

 

永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ。

================================
 

こんな世の中になって欲しいとあなたが願う世の中に、あなた自身が変わっていかなくてはならない。

================================

7つの社会的罪
(1)理念なき政治(2)労働なき富(3)良心なき快楽(4)人格なき学識(5)道徳なき商業(6)人間性なき科学(7)献身なき信仰

================================

運命は私たちがつくるものだ。いまからでも遅くない。いまをどう生きるかで、未来が決まる。

================================

良きことはカタツムリのようにゆっくり進む。だから、自分のためでなく人々のために働く人は、いたすらに急がない。

なぜなら、人々が良きことを受け入れるには、多くの時間が必要なことを知っているからだ。

=================================

いま以上の何か、ここではないどこかにある幸せ、それを追い求めても、それは蜃気楼です。

近づけば近づくほど、遠のいていきます。いまここにあるもの、それに満足することが幸せなのです。

==================================

私たちは人生の中で経験したことを、何もかも覚えていられるわけではない。

むしろほとんど忘れてしまっていいのである。そうでなければ、後悔や迷いが頭から離れることがないだろう。

ある出来事があって、そこから何かを学んだなら、起きたことは忘れてしまおう。

===================================
 
 幸せとは、誰かのために生き、その人の幸せな姿をこの目で見ることです。
 
===================================
 
簡素に暮らし、豊かに思考する。そんな理想の追求を、人はひとたび日々の暮らしの中で欲を膨らませた途端捨て去ってしまう。
人の本当の幸せは、満足することにあるのに。
 
===================================
 
もしも私にユーモアのセンスがなかったら、はるか昔に命を絶っていただろう。
 
===================================
 
人は何度でも立ち上がる。立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足元はおぼつかないかもしれない。
けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。
 
===================================
 
私たちにはもともと困難を乗り越える力が授けられている。心の中からこの恐れを追い出せば、その力が蘇る。恐れるな、道は開ける。
 
===================================
 
あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。
いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。
===================================
 
私たちのように未完成な人間に、何もかも完璧にこなせるわけがない。私たちにできるのは、その時その時の妥協点を探ることである。
 
===================================
 
不幸は私たちに与えられた試練である。この試練を乗り越えたとき、すべてはきっと好転する。
そう信じて、辛抱強く耐え抜こう。耐え抜いたとき、あなたはとてつもない力を手にしていることだろう。
 
===================================
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です