価値観が違う理由?価値観が形成される仕組みとは?

あの人とは価値観が違う・・・

上司は私との価値観が違うから合わない・・・

など、価値観が違うという事を体験した人は多いというかほとんどだと思います。

価値観とは?

そもそも、価値観ってなに?

何に価値があると認めるかに関する考え方。価値(善・悪、好ましいこと・好ましくないこと、といった価値)を判断するときの根底となる ものの見方。ものごとを評価・判断するときに基準とする、何にどういう価値がある(何には価値がない)、という判断。

大切にしたいと思っている考え方やどこに価値を置いているかというものだと思っていただいてもいいかと思います。

価値観が形成される仕組み

価値観が出来上がる仕組みはなんでしょう?

価値観は体験によって形成されます。

そして、その時のあなたの解釈によって形成されていくのです。

例えば、

A君:「悲しい、、、」(悲)

B君:「僕の為に、、、」(嬉)

この二人に一体何があったのか?

お母さんに同じ様に叱られました。

でも2人は全然真逆の反応をしたのです。

これは、二人が持っている価値観が違うからです。

A君は、怒るなんて僕の事嫌いなのかな?と思っているから悲しいかもしれませんね。

B君は、僕の為に怒っているんだなと思っているから嬉しいのかもしれませんね。

これは解釈の違いです。

真実はどちらかはわかりません。

お母さんに聞けば、「愛情を持って叱った」と答えてくれるかもしれませんが、聞かなければわかりません。

このように、どんどん体験や経験を積み価値観が形成されていきます。

赤ちゃんは生まれた時、白紙の価値観でいます。

そこで、経験したことでどんどん価値観がついていきます。

親に

・天才だねと言われていれば、「天才」だと思います。

・かわいいねと言われていれば、「かわいい」と思います。

・すごいと言われれば、「すごい」と思います。

でも、幼稚園や保育園に行ったときにいろんな子と出会います。

そこで自分よりも天才やかわいい子がいるとボク違うのかなと思ったりして

また価値観が形成されたりします。

このように日々経験を繰り返し小さい頃は大きくなっていきます。

ある程度大きくなると価値観も形成されてきます。

ただこの価値観が全く変わらないわけではありません。

価値観が違う?

脳はその時、最適解をする。

最適解=自分にとってその時大切な価値観

あなたがそのときに手にしたかった価値観(無意識に居心地がいい価値観)です。

悲しいと思うのもそれを望むからです。

だから人によってその時々で価値観が違うというわけです。

その価値観が現状に役立っていますか?

過去に役立っていた価値観は現在では邪魔になったりします。

現代を取り巻くスピードは速く、環境に適応しなければいけません。

よく、年を取ると頑固になるなんて言いますが、実は価値観を変えれなかった人なのです。

「今の若者は~~~」なんて言ってしまっているのは変化できなかった証拠です。

生きてくる時代が違うのだから価値観が違って当たり前なのです。

価値観は変わる?

価値観はなかなか変わらないと思っている方いらっしゃると思います。

でも、価値観は変えることが出来ます。

たまにある本を読んで価値観や考え方が変わった、、、とか

人と話して価値観が変わった、、、とかって聞きますよね。

なんでそんな事が起こるのか?

それは、人は情報不足だからです。

あなたの人生で物事を語っているからです。

もちろん私もそうですが、多くの人が自分の経験だけをみて、世界を判断します。

悪いことではありませんが、自分の経験だけでは、わからないことがこの世界にはたくさんあるのです。

その情報不足であるところに外部からの情報が入ることで一気に価値観が変わることがあるのです。

自分が無知であることを理解し、盲点ではなくほとんどの世界を知らないと気づく時、

より大きな世界が待ち受けている事に可能性を感じるかもしれません。

もし、あなたが要らないと思っている価値観、考え方があれば、ぜひ変えていきましょう。

世界は広く知らないことだらけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です