やりたいことがわからないと悩んでいるあなたへ

前の記事に夢がないと悩んでいるあなたへを書きました。

ほとんどタイトルは似ているのですが、少し視点を変えて書いていきます。

 

やりたいことがわからない?

なんでやりたいことがわからないと悩んでいるのでしょうか?

今が楽しくて充実していたらやりたいことがわからなくても良いですよね。

仕事は確かに辛い事もあるけど、お金がもらえて友達と旅行にいくのが楽しかったら充実していませんか?

でも、やりたいことがわからない、見つけたいと思う人がいます。

そんな人はどんな人なのか?

(1)やりたいことがあるのに嘘をついている。

やりたいことが本当はあるのに、嘘をついているケースです。

例えば、本当は医者になりたいと思っている人がいて、

いつもTV番組では医学の番組、医療関係の本などを読んでいるのに、大学生で医学部でもないから

いつも自分に

「今から勉強して医学部に行くのか?、お金もかかるし俺は頭良くないから無理だろ」

「今から医者を目指すなんて言ったら友達に笑われるし、本当になれるかわからない、なれなかったらはずかしい」

「このやりたいと思っている事は自分の人生を賭けてまではやりたいわけじゃないな」と説得させているのです。

この人はやりたいことがわからない人ではなく、やりたいことに勇気を持てない人です。

この本当はやりたいことに目をつむって、やりたいこと探しをしていれば、医者というほんとうにやりたいことに向き合わなくてよくなります。

(2)やりたいことが言語化できていない

これも良くあります。

昔の私がこれに近かったかもしれません。

教育者、カウンセラー、転職アドバイザー、などで就職を迷っていました。(でも(1)の勇気が持てず銀行員になりました(笑))

この時ってなんかその職業に共通するなにかに惹かれているんだと思います。

でも言語化することができないから、なんでそれに惹かれるかもわからない。

本当にやりたいことって何だろう?になっていってしまいます。

私の場合は

・教育者・・・なんか違うな

・カウンセラー・・・なんか違うな

・転職アドバイザー・・・なんか違うな

共通してたことは、人に関わってより良い人生のお手伝いをするというところだった気がします。

そして、何か違うと感じたのは、それが100%本当に出来る場所ではなかったと自分が思っていたから。

・教育者は、生徒の学力の向上も見る必要があるなと感じていた。

・カウンセラーは、情熱もっている人の支援ができないと感じていた。

・転職アドバイザーは、転職者よりもノルマが大切な部分があると感じていた。

度合いが100%じゃないから違和感があったんだなと思います。

そして共通していた部分を自分がしっかり見つけれなかったのが、迷いになり

やりたいことを探すという変な方向に行ったのかなと思います。

(3)自分と向き合うのが辛いから

これは(1)と似てる部分が多いんですが、やりたいことがわからないと悩んでいる人って

本当はやりたいことが欲しいわけじゃないっていうパターンもあるんです。

・やりたいことがあれば頑張れる。

・やりたいことがみつかれば輝ける。

・やりたいことがみつかれば、私だって出来る。

という気持ちの人が多くいます。

でも、実はやりたいことがあれば・・・という希望を持っていたいというか

今の自分と向き合いたくないという心の現れであったりもします。

やりたいことがわからないという悩みが解決されなければ、希望を持ち続けれるのです。

今の自分は・・・だけど、やりたいことがある自分ならという希望。

もしやりたいことが見つかってできなかった時あなたはどうなるでしょう?

おそらく絶望します。だから希望は希望であり続けたいからやりたいことがわからないままになっている事があります。

もしくは、やりたいことがみつかって夢中になれれば、今の自分を見なくていいという事です。

自分と向き合い続けるのが苦しいから何か夢中になれるものが欲しいと思っていたりします。

そういう方は、自分がそんな事考えれなくなるまで別の事をしてみるといいです。

運動でもいいですし、仕事でもいいです。

本当にハードで一瞬も自分の事を考えなくなっているといつの間にかそのことも忘れていたりします。

よくマラソンとかトライアスロンとか始めると元気になったとかいう人多いのでおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です