成功者の名言(トーマス・エジソン)

生涯

1847年、エジソンはオハイオ州に生まれる。小学校に入学するも、授業中には事あるごとに「なぜ?」を連発し、最終的に担任の先生から「君の頭は腐っている」と吐き捨てられ、校長からわずか3ヶ月で退学を勧められ、中退。その後は小学校の教師であった母から勉強を教わる。母は、好奇心旺盛のエジソンのために家の地下室に様々な化学薬品を揃え、エジソンはそこで科学実験に没頭した。

1877年、エジソンは蓄音機の実用化で名声を獲得。その後、メロンパーク研究室を設立する。研究所で電話、レコードプレーヤー、電気鉄道、鉱石分離装置、電灯照明などを商品化。

エジソンは電球の発明者ではないが、電球のフィラメントに京都の竹を使うなど、改良に注力し、家電、発電、送電までを含む電力の事業化に成功したことが最も大きな功績となる。

自動車王のヘンリーフォードは、エジソン電灯会社の元社員であり、エジソンとは生涯の友人であった。

名言

 

私の発明は、すべての人にとって役に立つ物でありたい。

そして、世界の平和に貢献するような物でありたい。

もし私の発明で一人でも人が死んだとしたら、私には人生を生きる意味も資格もない。

==========================================

私はこれまで、偶然のひらめきで、価値ある発明をしたことなど一度もない。

全ての発明というのは、その発明に関わった人の想像を絶するような熱意が注ぎ込まれているものなんだよ。

===========================================

なぜ成功しない人がいるかというと、

それは考える努力をしないからだ。

============================================

最初のひらめきが良くなければ、いくら努力してもダメだ。

ただ努力だけという人は、エネルギーを無駄にしているにすぎない。

=============================================

ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、
そこでやる気をなくしてしまう。

勝負はそこからだというのに。

==============================================

決して時計を見るな。
これは若い人に覚えてもらいたいことだ。

==============================================

完璧だと思っても、もう一押しすれば、おまけが手に入る。

==============================================

人生における失敗者の多くは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに気づかなかった人たちである。

==============================================

発明するためには、豊な想像力とゴミの山が必要だ。

=============================================

私たちの最大の弱点は諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

=============================================

成功できる人っていうのは、「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」という前提を持って挑戦している。

==============================================

最高の思考は、一人の時に生まれ、最低の思考というのは、混乱の中から生まれる。

============================================

不満こそが、進歩するための鍵である。

============================================

人間の理性などに頼ってはいけない。まずは、頭の中を硬直させる常識という理性を、丸ごと捨ててしまいなさい。

============================================

私を天才だと言う人がいるが、それは違う。

みんなが自分の力をあらゆる方向に分散させているのに対し、

私は全てのエネルギーをひとつの仕事に集中しているだけなんだよ。

============================================

1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です