スポーツのモチベーションを保つ方法

スポーツをしている時にモチベーションが維持できない・・・

モチベーションが上がらない・・・

そんな悩みを抱えている、抱えていたことのあるスポーツ選手、監督はおおいのではないでしょうか?

これは、スポーツのみならず、ビジネスや何かをやるときにも同じです。

モチベーションが維持できない悩みは非常に多いです。

モチベーションとは?

モチベーションとは、人が行動を起こすときの原因、すなわち動機を意味する。

つまり、これをやろうと思える動機だったりします。

スポーツでモチベーションが上がらない、維持できないというのは、動機がないことなのです。

でも、それでも本当はやりたいと思っているなら、動機が見つかっていないだけの可能性もあります。

例えば、野球選手のAさんがいたとしましょう。

A:「最近、全然バッティング練習する気持ちになれない、なんでだろう、本当は甲子園いきたいと思っているのに・・・」

甲子園に行きたいと思っているのに練習する気になれない、モチベーションが保てない・・・と悩んでいます。

なんでだろう?

モチベーションが維持するためには?

(1)目標を明確にする

先ほどのAさんのように甲子園に行きたいという想いはあるけど、なかなかモチベーションが上がらない時は、

もしかしたら、未来をありありとイメージできていない時があります。

言葉だけで甲子園に行きたいというよりも、甲子園でホームランを打っているところをイメージしたら

やる気、モチベーションが上がりませんか?

よく東大に入りたかったら、東大の門の前に言っておけと言われますが、

まさに、そこにいる自分をイメージして体験することでモチベーションを維持できるのです。

そして、その未来にいる自分から逆算して今自分がやるべきことがなにかを考えれば、おのずとやるべき練習が見えてきます。

(2)他の事をやる

モチベーションが上がらない理由には、もしかしたら、何か気になっていることがあるかもしれません。

甲子園に行きたい自分と練習したくない自分がいる事に気付いてください。

練習したくない自分は何をやりたいと言っているのでしょうか?

体が疲れているから休んだ方が良いと言っているかもしれません。

そんな時に無理して練習しても質の悪い練習だから意味ないから休め、そんなサインかもしれないです。

あなたの体や気持ちが教えてくれることを素直に受け入れましょう。

(3)練習の中でワクワクすることにシフトする

甲子園に行くためには、バッティング練習じゃなくてもいいかもしれません。

あなたがその目的を達する為には無数の選択肢があると思ってください。

そして、あなたがワクワク出来るような練習であれば、モチベーションが維持できるはずです。

どんな練習方法がいいか考えてみてください。

バッティング練習でもゲーム感覚でやるとかなにか工夫することで、

モチベーションが維持出来る場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です