上司と部下の関係が上手くいかない?(上司編)

昇進して管理職になった!上司になって給料増えて嬉しい・・・と思う反面

部下がたくさんいてちゃんと管理ができるか不安・・・

そんな思いもあるかもしれません。

今までは上司に頼れたけど、これからは自分が上司で頼れる人も少ないし、頼られる存在としてやっていけるのかなと・・・

今回は、上司と部下の関係が上手くいかない?というテーマを上司としてどうすればいいかで書いていきます。

 

部下が嫌う上司

(1)命令する上司

常に管理しようとする上司ってどうでしょうか?

部下を信頼せずに命令ばかりして俺の通りにやればいいんだ、お前のやり方なんてダメなんだよ、

そんな事を言われたら部下はどうなりますか?

・上司が怖くて自分で考えることをやめる

・上司が嫌いになり、仕事へのやる気がなくなる

・上司に協力的になれない

こんな感じになることがあります。

上のようにひどい事を言っていなくてもそんな関わりをしていたら、部下は働く気が失せてしまいます。

良い事は、ほとんどありません。

(2)人によって態度を変える上司

部下はよく上司を見ています。

人によって態度を変える上司が嫌というよりは、評価が不明確だったり、イエスマンの上司を見ると

情けなくなったりします。

上司がちゃんとした軸を持って接してくれていれば、指導やアドバイスをされても部下は信頼できたりします。

(3)器が小さい上司

責任感がない上司だったり、部下を信頼してくれない上司だったらどうでしょう?

恐らく上司として部下は認めないんじゃないでしょうか、

ここまで書いてきて気付く事がありませんか?

正直、能力的なことはまだ一つも書いてきていないという事です。

上司が信頼してくれる、責任持ってくれる、軸があるというような事をしてくれるだけで部下は嬉しいものです。

 

部下が輝く上司の関わり方

(1)部下を信頼する

部下を信頼して案件やプロジェクトを任せましょう。

失敗してもオッケーと伝えましょう。

次にどう生かすかを聞いて、次のチャンスを与えましょう!

(2)横のつながりを意識する

上司は会社での役割に過ぎません。

上司はその役割を果たす、部下は部下の役割を果たすだけで人間的にどちらが偉いというのはありません。

常に横の意識を感じ、何か仕事をしてくれたら、感謝しましょう。

(3)貢献感を持ってもらう

部下が会社に貢献できているという感覚を持てるとやりがいややる気があがります。

自分は役に立っている。この会社の為に貢献できていると思えるのです。

そしたら、もっと仕事をしたくなります。

(4)チームでいる事を伝える

部下があなたのチームの一員であると伝えましょう。

そうすれば、部下はそこに居場所を見出します。

居場所があれば、安心してその場で働く事ができます。

常に居場所を与え続けてください。

(5)目標の共有

部下が目標を知っているかどうかで主体的に働けるかが変わります。

目標の共有をしてどう動けばいいかみんなで考えましょう。

そうすることで、主体的な働きを見せてくれるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です