コーチングとは?コーチングを知ると世界が変わる?

コーチングとはなんなのか?

最近、コーチングって聞くけど、どういう事?

など、お答えしていきます。

コーチングとは

実は、様々な定義づけがあるため、一概にもこれがコーチングだというのは言えないんです。

でも、コーチングとはどんなものなのかはなんとなくでもいいから知りたいですよね。

コーチング : コーチングとは、思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くことである

====================================

コーチングとは、相手の能力、可能性を最大限に引き出しながら、その人の自発性を促し、その人の目標の達成に向かっていくコミュニケーション的なかかわり、スキルの活用である。

==================================

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の一つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術である。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。理論体系はないため、対話手法も含め、既存の心理学やカウンセリング等の理論・技法を借用して構成される。内容は事業者によって異なる。

このように様々な定義づけがなされています。

ただし、共通して言っている事もあります。

ここから私は、

コーチングとは、通常と異なるコミュニケーションにより、クライアントが新しい発見や気付きを得て、

より良い人生を歩む事を促すものだと思っています。

コーチングの効果

 

コーチングっていうけど、実際どんな効果があるの?

ここが一番気になるかもしれませんね。

ここでは、コーチングをする人の事をコーチと言います。

コーチングを受ける人をクライアントと言います。

(1)ビジネス

ビジネスの世界にコーチングは多く取り入れられています。

例えば、

・経営者自身にコーチングをする

・マネジメント研修でコーチングを取り入れる

・社内研修にコーチングを取り入れる

このような事がビジネスの世界では起きています。

コーチング先進国のアメリカでは、多くの企業にコーチングを取り入れてるほどです。

なぜ、ビジネスで取り入れられるのか?

それは、売上や利益に繋がっているからです。

企業は営利団体なので、売上、利益を考え行動します。

(2)スポーツ

スポーツの世界でもコーチングは取り入れられています。

オリンピックコーチと言われる人もいるほどです。

確かに、オリンピックで日本はどんどんメダルが増えてきていますね。

このスポーツでコーチングを取り入れた先駆けは柔道の石井慧選手だといわれています。

コーチングを取り入れた結果、オリンピックで金メダルを取ったのは事実です。

(3)個人的な悩み

一般的な悩みですね。

・家族関係で悩んでいる

・子供が不登校

・人間関係に悩んでいる

・自信がもてない

・やりたい事がみつからない

など、多くの人が抱えている悩みをコーチングで解決しています。

なので、カウンセリングと同じといってもいいと思います。

 

コーチングを行う、受ける方法

 

(1)コーチングを行う

コーチングを行うには、知識と訓練が必要になります。

ただ、質問をすればいい訳ではありません。

それならコーチングスクールなど存在しませんから。

知識を身につけ実践していきたいのであれば、コーチングスクールに通うのを検討してみてください。

ただ、高額ではあるので、自分に必要だなと思えれば受講することをおススメします。

 

(2)コーチングを受ける

コーチングを受けるには、コーチングをしている人に出会いましょう。

・ネット

・リアル

どちらでも構いません。

コーチングを受けるには、電話やスカイプで行う場合もあれば、対面で行うこともあります。

基本的には1対1で行うものですが、複数の場合もあります。

ネットなら体験コーチングなど調べれば、受けることが出来ると思います。

ぜひ、受けてみてください。

 

終わりに

今回は、コーチングとはについて書いてきました。

まだ、コーチングの歴史は浅く知られていないのが現状です。

ただ、これからますます必要なスキルになると思うので、受けるだけでもいいのでコーチングを体験するといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です