営業に資格は必要?役に立つ資格とは?

営業に資格っているのかな?

営業って実力主義で数字が取れる人が偉いんじゃないの?

なんて思うことありますよね。

今日は、営業に資格は必要なのかについて書いていきます。

 

営業に資格は必要か?

 

まず、はっきり言っておきますが、資格は要りません。

これで終わってしまうと寂しいので理由と他にやるべきことをしっかり書いていきますね。

ただし、資格を持っていると有利な事も確かにあります。

・資格が信頼の証明になる。

・資格を取るだけの勉強をしてきているという自信につながる

この2つにおいては、資格を取るメリットかもしれません。

ただ、言っておきたいのが、資格だけをもっていても意味がないということです。

例えば、運転免許証を持っていても、運転できないペーパードライバーなら意味はありませんよね。

身分を証明するという違う使い方には意味があるかもしれないですが・・・

だから、ただ資格を取るだけでは、意味がないということを先に伝えておきますね。

 

目的から考える

 

あなたが資格を取ることだけを目的にしているなら資格なんて取らない方がいいです。

何の為にその資格が必要か考えた方がいいです。

例えば、今の営業の仕事で経営の事を知っておいた方がいいからそういう資格を取りたいなら

資格を取る意味があります。

資格を取るというより、経営の事を勉強する意味があります。

ただ、なんか有利そうだからという理由で資格をとっても無意味どころかもっと他の事に時間を使った方がいいといえるでしょう。

 

そして、一番やってほしくないのが、営業ができていないから資格だけでも取ろうという考えです。

資格を取っても営業はできるようになりません。

それなら、営業の方法を勉強した方が絶対に良いです。

私も、サラリーマン時代、営業をしていて周りの営業マンを見てきましたが、

営業が出来ない人ほど、資格を取ろうとしていました。

これは、おそらく営業ができないから資格だけでも取って何かスキルアップしようと考えているんだと思います。

この考え方は、危険で一生営業ができるようにはならないので気をつけてください。

ただ、様々な知識があった方が引き出しが豊富になるのは事実ですから、今まで資格を取りまくっていた人は

上手く話しのネタにするといいかもしれません。

 

営業がやるべき事

 

では、営業が資格ではなく何に力を入れたらできるようになるのか?

おススメのジャンルを紹介していきます。

 

(1)心理学

心理学を学ぶのは、どんな営業でもおススメできます。

というのは、お客さんが買うときに心理状況がかなり大切になってくるからです。

・行動心理学

・コーチング

・アドラー心理学

・NLP

等々、たくさんありますが、心理学を学ぶと営業力が上がると思います。

 

(2)読書

これは、ジャンルというより、行動になりますが、読書をすると知識量が増えます。

情報が多くなるので、それだけ引き出しも多くなりますから会話が弾んだりしていきます。

・自己啓発

・歴史

・小説

などジャンルにはこだわらなくてもいいですが、個人的には、ビジネス本がいいかなと思っています。

 

(3)自社の勉強

これは、自分が働いている会社が何を提供できるのかと考えたり、どういう方向に進んでいるのか考えたりするということです。

例えば、スターバックスは家、仕事場の次に安心していれる「第3の場所」を提供するという強い信念があります。

これを社員が理解しているので、ただのコーヒーショップではなく、お客さんに話しかけたりします。

つまり、スターバックスはコーヒーを売っているのではなく、第3の場所を提供しているのです。

第3の場所が快適に過ごせるためにコーヒーを売っているのです。

自分の会社が何を提供しようとしているのか?

また、何が提供できるのかを考えることが大切です。

 

(4)顧客を知る

お客さんがどういう生活をしてどういう悩みを持っているか、あなたは知っていますか?

資格を勉強する前にここを抑えましょう!

お客さんがどんな悩みをもっているかによってあなたが提案できるものは変わってくるはずです。

先ほどのスターバックスであれば、コーヒーを求めているのではなく「くつろぎの空間」を求めているのです。

じゃあマクドナルドに来るお客さんは何を求めているのでしょうか?

モスバーガーに来るお客さんは何を求めているのでしょうか?

あなたの会社に来るお客さんは何を求めている?

これを良く考えましょう!

 

終わりに

 

ここまで、営業に資格は要るのか?何をする必要があるかを書いてきました。

どうだったでしょうか?

資格は要らないと切り捨てた事に衝撃を受けた方もいるかもしれませんね。

勘違いしないでほしいのは、肩書だけの営業マンにならないでほしいという事です。

スキルアップの為に本当に必要な事ならぜひ、資格の勉強を存分にしてください。

名前だけの営業マンではなく、実力がある営業マンになってください!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です