営業という仕事!営業ってなに?

まだ営業という仕事をしたことない人も、営業をしたことがある人も

営業という仕事について一度考えてみるといいかもしれません。

 

営業ってなに?

営業ってどんな事をするの?

まず、そもそもの営業の意味なんですが、業を営むと書いて営業です。

多くの人が持つイメージの営業ではなく、業を営む。つまり、事務職だろうと技術職だろうと営業しているのです。

じゃあ営業って普段言っているのはどういう意味なの?

営業マンとか、営業職とか言われるのは、セールスという意味です。

だから本来は、セールスマンとかって言った方がいいのです。

では、セールスマンの仕事とは?

セールスとは、日本語で売ることです。

セールスマンの仕事は商品やサービスを売る事です。

ただ、世の中で営業職というのは厳しい、難しい、辛いなんてイメージもあります。

売る事がなぜ、そんなに難しいのか?

営業の仕事が難しい理由

 

商品やサービスを売ることが営業の仕事だと話してきました。

では、なぜそれが難しいのでしょうか?

(1)日本を見る

今、あなたの身の周りを見渡して欲しいのですが、モノがたくさんありませんか?

・1人1台スマホを持っている。

・田舎なら車を多くの人が持っている。

・家がたくさんある。

・コンビニが近所にいくつもある。

などなど、モノが溢れかえっています。

モノが溢れかえっているのに、さらにモノを買う必要性があるのでしょうか?

 

(2)商品比較が難しい

 

昔に比べると、商品やサービスが多くなっています。

他社との比較や自社のサービスを知るのが大変になっています。

それだけ、商品比較が難しくなっています。

売っている側が難しいのに、買う側が理解できるでしょうか?

(3)多くの知識やコンサル力がいる

先ほど、挙げたように、モノが溢れかえっている時代で、商品が多いため

お客さんが何を選んだらいいかわからなくなっています。

そこで、わかりやすく説明したり、パッケージ化して組み合わせて売る能力が非常に大切です。

例えば、服とかなら、トレンドの服を知っていて、そのお客さんに合うようなコーディネートまでできると

その人が望む姿になれる。など、服を買ってもらうだけでは、営業マンは生きていけない時代になっている。

様々な知識や商品、サービスを組み合わせてお客さんに合うように提案するコンサル力が要ります。

(4)コミュニケーション力がいる

(3)で挙げた提案するまでに欲しい情報がないと提案できないので、

その情報を聞き出せるようなコミュニケーション力が要ります。

そのコミュニケーション力であらゆる情報を聞いて提案していきます。

 

ここまで、書いたように売るまでには、様々な能力が求められるので、営業=難しいとイメージがあるみたいです。

 

営業だから味わえるメリット

 

ずっとネガティブな事を書いてきたので、メリットもしっかり書いていきたいと思います。

(1)様々な人に出会える

これは、あなたの人生を大きく変える出来事になるかもしれないといっても過言ではないものです。

たくさんのいろんな業種の人に出会うと、価値観が全く違ったりします。

そこで、偶然出会った人と結婚したり、尊敬できる人を見つけれたりするかもしれません。

価値観の違いを知るだけでも面白いです。

(2)ビジネス力がつく

先ほども挙げたコミュニケーション力等、営業は様々なビジネス力が要ります。

そこで鍛えれて、トップセールスマンになれば、ビジネス力はかなり高いでしょう。

・段取り力

・行動力

・協調性

・他者を巻き込む力

・リーダーシップ

・セールス力

・計画力

・忍耐力

etc……….

このほかにもたくさんの力が身に付きます。

 

(3)達成感や貢献感

 

営業の仕事は常にノルマや数字があります。

だからこそ、辛い部分もあります。

しかし、そのノルマを達成したり、チームの数字に貢献できた時の喜びは大きいです。

さらに、難しい案件だったり、大型プロジェクトの様な最初は取り組むのが困難なものほど、

達成した時の喜びは大きいです。

お客さんからもありがとうやお礼の言葉を言われると貢献できたという気持ちになり、モチベーションにつながることもあります。

 

おわりに

 

営業という仕事について書いてきました。

仕事を選ぶ際には、

・何の為に働きたいか?

・どんな仕事をしたいか?

・どんな人生だったら嬉しいか?

・どんな人間になりたいか?

を考えてみると良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です