トップセールスマンになる為の営業の心得とは?

売れる営業マンと売れない営業マンの違いって何かわかりますか?

たくさん違うところはありますが、一番違うのは、心得なんです。

スキルとか商品知識、業界知識じゃないの?

確かにそれも必要ですが、一番大切なのは、心得です。

心得が大切な理由とは?

新人でも、めちゃくちゃ成果を上げている営業マンいませんでしたか?

その人はスキルとか商品知識は長年勤めている人よりもないはずですよね。

でも営業ができる。それは心得がしっかりしているからです。

それをスキルと呼ぶならスキルに入るかもしれませんが、、、

じゃあ売れる営業マンはどんな心得を持っているのか?

売れない営業マンとの心得の差は何か見ていきましょう。

 

売れる営業マンの心得

 

(1)会社に雇われてる意識がある

これは、当たり前と思うかもしれませんが、私たちは営業職で会社に雇われています。

だから、営業で成果がでないのであれば、会社からお金をもらうのさえ苦痛になるのが、トップセールスマンです。

今月は全然結果が出せていないのにこんなにもらっていいのか、返金したいそんな風に思うのです。

ただ、これは本当にトップセールスマンが思う事です。

売れる営業なら、会社から雇われている事を念頭に入れノルマを達成させようと頑張るのです

これが心得です。

(2)顧客本位

これは、常にお客さんの為を想うという事です。

(1)と矛盾を感じる人がいるかもしれません。しかし、これは矛盾しません。

お客さんの事を考えて自社の商品を提供するとトップ営業マンは思っています。

つまり、お客さんに無理な売り込みはしません。

自社の商品を欲しいと言ってくださる方に提案をして、お客さんと会社を喜ばせるのです。

 

(3)商品を良いと思っている

一度何の為にその商品があるか考えた方が良いかもしれませんね。

例えば、保険は万が一の為にとてもいい商品です。

でも、保険をたくさんやっている方にはもう要らないかもしれません。

そこにお願いして売り込む事をしてはいけないのです。

本当に必要だと思っている人に提案すれば、自然に売れます。

これをトップ営業マンは心得ているのです。

つまり、その商品にはニーズがあると思っています。

でも、売れない営業マンは、何度も断られるせいで、こんな商品ダメだ、全然良くないと思っています。

じゃあ、なんでその商品が昔は売れていたのでしょう?

それを考えた時に、まだ欲しいと言ってくれるお客さんが見つかるはずです。

(4)どんなお客さんもお客さんだと思っている

ノルマに追われている営業マンだと、短期の利益になる人だけがお客さんだと思って接している人がいます。

これは、非常にもったない事です。

例えば、車のディーラーで若い男性のお客さんがいるとしましょう。

1か月に一度のペースで来店して車を試乗しています。

でも、ほとんどの営業マンは「また、来たよ、買わないなら来るなよ」

こんな風に思っていたりします。

でも、あなただけがまた来てくれたんですね、ありがとうございます。」と声をかけていたらどうでしょう?

その人はある日また来店して言いました。

「車買います。いつも試乗しに来てた時、嫌な顔せずに迎えてくれたからお兄さんから買いたいんです。」

「お金なくてずっと貯めていたんです。他のディーラーも行ってたんですけど、煙たがられてたのでここで買いたいんです」

こういう事がたくさん実際にあります。

あなたが短期だけのノルマを考えていたら、絶対に獲得はできていません。

大切なお客さんたと思って営業するのが売れる営業の心得です。

(5)常に横の関係であろうとする

偉くなればなるほど、昇格して部下ができて縦の関係になっていきます。

しかし、トップ営業マンは常に横の関係であろうとします。

なぜなら、部下ではあるけど、一人の人間であることには変わらないからです。

つまり業務を頼んでもやるかやらないかは部下次第だからです。

できない時に怒るのは、コントロールしようとしている証拠です。

横の関係:依頼する→やってくれた→ありがとうという気持ちになります。

     依頼する→やってくれない→相手の為に指導・アドバイスorわかった、ありがとうとなります。

縦の関係:依頼する→やってくれた→当たり前という気持ちになります。

     依頼する→やってくれない→なんでできてないんだと怒ることになります。

横の関係の営業マンと縦の関係の営業マンだったらどちらに部下はついてくるでしょうか?

(6)小さい事を大切にする

どんなに些細な、細かい所でも大切にします。

なぜなら、他の人がそこを大切にできないからです。

小さい事を大切にできない人が大きな事ができるのか?と思う人も多いはずです。

だからこそ、小さい事を積み重ねるのです。

そうすることで大きな事へつながるのです。

(7)素直でいる

この世の中で自分が正しい事はそう多くはありません。

ですから、トップ営業マンはだれからでも教えてもらおうとしているのです。

しかし、それは素直さが必要です。

最初は理解できないものでも、とにかくやるという素直さがあれば、身につけることができます。

 

終わりに

 

ここまで、売れる営業マンの心得について書いてきました。

どうだったでしょうか?

心得だったら、今すぐにでも意識するくらいはできますよね。

あなたも素直になってみて、少し心得を意識して行動してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です