テレアポができない・・・不安の理由とは?

テレアポって正直辛い・・・だからできない、というかテレアポしたくない・・・

「〇〇会社の〇〇と申しますが、」

「ブチッ」・・・

テレアポができないけど、

やらないと、上司に怒られるし、かけないと、

繋がらなかった時、少しホッとしてしまった経験ありませんか?

私は入社1年目の時はありました。

でも、今はできないと悩む事はなくなりました。

テレアポができない訳

 

テレアポができない理由は、

断られる事を考えているから

これだけと言ってもいいくらいの言葉です。

でも、どういう事?

普通は断られる事考えちゃうよね、、、

 

あなたの周りにいる優秀な営業マン、テレアポが上手な人を良く見てください。

断られていない事はありますか?

1日の中でテレアポをしていてその人たちは、何件断れていて、何件成約になっているんでしょうか?

テレアポはできなくて当たり前なんです。

なぜなら、断られるのが普通の世界なんです。

例えば、野球で活躍しているバッターは3割打てれば一流バッターと言われます。

    多くの日本人が小学校を卒業しますね、それはほぼ100%です。

 

じゃあテレアポはどっちの世界なのか?

テレアポは野球の方に入ります。

さらに3割もおそらくいかないと思います。

だからテレアポはできないって普通の事なんです。

100件テレアポして90件は断られるが普通なんです。

できないと思う人は1件1件に対して

・なにがいけなかったのか?

・会話の仕方が悪かったのか?

・私ってダメなんじゃないか?

・やっぱり私には向いてない

と色々できない理由を考えてしまい、悪循環になっていってしまいます。

もちろん、会話の仕方を見直すのは素晴らしい行動です。

しかし、テレアポに限っては、断れる理由はあなたが悩んでいる事以外に多くあったりします。

例えば、

・忙しいから出たくない。

・セールスの電話はすぐに切るようにしている。

・タイミングが悪かった。

・相手の機嫌が良くない時に電話していた。

等々相手の都合や理由である場合もたくさんあります。

 

まずは、テレアポができないと思っている人は、

断れるが当たり前と思うといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です