成功者の名言(高杉晋作)

生涯

長州藩士。奇兵隊を代表とする諸隊を創立。松下村塾の四天王の一人。(ほか、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一)。伊藤博文が高杉晋作を評して「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し」。その行動力と独創的なひらめきからくる戦術の才能は、幕末の志士の中でも随一。

 

名言

 

おもしろき

こともなき世を

おもしろく

=========================

人間というのは

困難は共にできる。

しかし富貴は共にできない。

=========================

「朝に人としての道を悟ることができれば、

その晩に死んでも悔いはない」

という事こそが人の道である。

人としての努力をすることもなく、

ただ死に向かうのは人の道ではない。

=========================

少年の頃、読んだ本に

「学問を成すなら

世間から利口と思われる人になるな。

世間から愚者と思われる人になれ。」

とあったので

世間から愚者と思われる人になろうと

僕は願った。

=========================

人間、窮地におちいるのはよい。

意外な方角に活路が見出せるからだ。

しかし、死地におちいれば、

それでおしまいだ。

だから、おれは困ったの一言は吐かない。

=========================

真の楽しみは

苦しみの中にこそある。

=========================

負けて退く人を

よわしと思うなよ。

知恵の力の強きゆえなり。

=========================

友人の信頼の度合いは

人の死や緊急事態、

困難の状況の時に分かる。

=========================

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です