生き方を真剣に考える?

今日のタイトルは真面目な感じがしますね。

いつも真面目にやっていますが、特に今日は真面目な感じ

でも、堅苦しくはないと思いますので読んでみて下さい。(笑)

最近、稲盛和夫さんが書いた「生き方」という本を読みました。

超有名な本で今回で3回目位読んでいます。

学生の時、会社員時代、そして今回、たまにふと読みたくなるんです。

そしていつも私を律してくれるそんな本です。おススメですよ。

 

では、今日はそんな本のタイトル通りの生き方について考えていきたいと思います。

生き方

 

早速ですが、あなたはどう生きたいか考えた事ありますか?

 

私の話になりますが、大学3年までどう生きたいなんて考えたこともなかったんです。

お恥ずかしい話ですが、、、、

じゃあなぜ大学3年まで考えなくて、大学3年で考えたかというと

 

いい大学に行っていい企業に入れば良いと本当に思っていたからなんです。

世間で言われるように勉強していい大学にいけば、大手の企業に入社できて

そこからは終身雇用で安泰だと本気で思っていました。

だから、そこそこの大学に行くまでは勉強をしていれば良い。

そこそこの大学に行ってからは、就活が来るまでは遊べばいいと思っていたのです。

でも、就活が来た時にそこそこの大学では、大手に入るのに苦労するという事が

分かって就活を本気でやると決めたのです。

 

その時に初めて社会とアクセスした様な気がしました。

つまり、私は何も知らなかったのです。

そこで出会う人々の中には、仕事を楽しくやっている人となんとなくやっている人がいました。

今まで仕事はつまらないもの、そんな風に考えていた私には衝撃でした。

どうせなら自分も楽しんで仕事している人になりたいと

思ったところが生き方を真剣に考えたきっかけだったのかなと思います。

それにしても無知すぎますね。(笑)

そこからの私は自分がどうしたら楽しい人生を送る事ができるのか?

何をしていれば、満足なのか?

など、真剣に自分と向き合って考えはじめたのです。

この自問自答は今も続いているぐらいずっと自分に問いかけています。

そしてその時に思える最高の生き方を目指して活動を続けています。

これを考えてから自分自身にかなりの変化がありました。

それは、会社員だったわたしが独立したりという誰から見てもわかる変化や

自分の価値観や心境の変化など、何を大切にしたいかなど自分にしかわからない変化があったのです。

 

もし、今あなたが何か変えたいとか自分では小さすぎると思っているのなら

今すぐには確かにハードルが高いのかもしれません。

でも、3年後の自分や5年後の自分にもハードルが高いのでしょうか?

今、生き方をド真剣に考えてみて下さい。

今すぐには変わらなくても、5年後の自分はすごい変化をしているはずです。

 

イチロー選手の名言

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

 

イチロー選手と私では比べようもない程凄い人ですが、彼が言っている意味は少しわかった気もします。

イチロー選手の様な天才だからではありません。

確かにイチロー選手と同じことをしてもメジャーで活躍できる選手にはならないかもしれません。

でも、今の自分よりははるかにマシな自分がそこにいるのではないでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です