なぜ、本を読めと言われるのか?

こんにちは!

最近体調がすぐれなくてなんとか過ごしています(汗)

特に出張が多いこの頃、東京に行ったり、名古屋に行ったり

さらに季節の変わり目もあって万全な体調ではない私。

皆さんもくれぐれも体調にはお気をつけてくださいね。

 

本を読め

 

よく社会人になると、本を読めって言われませんか?

もちろん、社会人前にも言われることたくさんあると思います。

なんで、そんなに本を読めというのかまでは教えてくれない大人達・・・

なんで読めばいいかわかったら読むのに・・・おそらく(笑)

 

じゃあ、なんでそんなに本を読めっていうのか

今日は私の自論で話していきたいと思います。

もちろん本を読まないという事を決めている人もいますから、必ずしも本を読むことが良いとは限りません。

しかし、私自身は本を読むといいと思っています。

 

本を読む効果

 

本を読むとどんな効果があるのでしょうか?

 

・視野が広がる

・価値観が広がる

・知識を得れる

大きく言うとこんな効果があるのかなと思っています。

でも、世界を旅すれば上記のような体験ができたりもしますよね。

だからこそ、本がおススメなんです。

つまり、手軽に上記の様な体験ができる。

旅をしようとすれば、時間やお金がそれなりにかかります。

でも、本であれば、そこまで時間もお金もかかりません。

本の良い所はそこにあると思っています。

さらに、旅はあなたを軸に体験していますが、

本は著者の体験だったりが軸なので新しい価値観や体験をする可能性がたくさんあります。

 

もちろん、旅であれば実際に目で見て、耳で聞いて、そこに行って触れて、匂いも感じてなどあなたの持っている五感をフルに使えるので

強烈な体験になるかもしれません。

そこは旅には勝てない部分ではあるかなとも思います。

本の良さ

 

それでも本を読むといいと思う理由があります。

それは、過去の人類が体験して学んだ教訓が本には詰まっているというところ。

つまりこれから経験する私たちに本は語ってくれているのです。

著者がやってよかった事ややってよくなかった事、どんな知識が必要なのか

そんな事が本には書かれているのです。

さらにたくさんの人と本を通じて出会えると私は思っています。

例えば、歴史上の人物を題材にした本であれば、その人と時を経て出会い

本の中でその人が伝えたかった事や成し遂げたかった事などがわかります。

どんな本にも基本的には何かを伝えたいという想いがあるから書かれています。

あなたが何かの知識を身に付けたければ、その分野の本20冊程度読めば、

ある程度、その分野について語れるようになります。

それくらい本には知識量が詰まっているのです。

さらに、小説などそういった類の本は、

あなたの想像力を豊かにしてくれます。

なぜなら視覚でしかとらえていないものをイメージして膨らませる必要があるからです。

これはかなりすごい能力です。

だからどんな本でも読んでみる事をお勧めします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です