悩みって何?悩みの正体とは?

ある電車での出来事です。私は電車で座っていました。

横で女子高生たちが話していてあまりにも大きな声だったので会話が丸聞こえ。

どんな内容かというと

A「最近さぁ~彼氏と全然上手くいってなくて、、、」

B「マジ!なにがあったよ?」

A「なんか全然会ってくれなくて」

B「っえ最低じゃん、なんで会ってくれないの?」

いきなり最低呼ばわりされてしまう彼氏がかわいそうだと思う会話でした。

さて、今日は上の話題と少し関係があるかもしれません。

悩みって何?悩みの正体とは?です。

悩みって何?悩みの正体とは?

 

あなたは悩みって何?と言われたらなんて答えますか?

悩み・・・人それぞれ違うからわかんない

悩み・・・なんかうまく説明できない。

そうなんです。悩みって何って言われても上手く説明できない事がほとんどなんです。

なぜか・・・悩みについて誰もちゃんと教えてくれたことがないからなんです。

 

悩みとは・・・思いわずらうこと。心の苦しみ (出典:デジタル大辞泉)

辞書とかで調べるとこんな感じで出てきます。

そうなんです。

悩みっていうのは意識無意識一致していない一致していない時に起きるのです。

例えば、あなたがダイエットしたいと思いますよね。

でも、間食をしてしまったり、運動ができなかったりするのはどうしてですか?

頭:ダイエットする 心:食べたい

とこんな風になっていたりするのです。

だから、心が納得するやり方でダイエットするのです。

例えば、間食しなければいくらでも食べてもいいダイエットとかですね。

すると、頭:ダイエットする 心:間食以外でたくさん食べる

っていう風に無理なく続けられるようになるのです。

これは、ダイエットを例にしましたが、あなたが例えば自信がない事に悩みがあったとしましょう。

そんな時はまず、頭でどう思っていて、心でどう感じているのかを明確にする必要があります。

頭:自信を持ちたい 心:自信がない

どうして心は自信がなくなったのかを過去の体験などを出して調べていきます。

例えば、上司に「なんで仕事できないんだ、」「言った通りにやってくれればいいのに」とか怒られた経験から

自信を持てない悩みがあったとします。

仕事できないといわれたけど、仕事できている時も当然ありますよね。

あなたが仕事で来ているときはどんな時ですか?

どんどん仕事が上手くいった過去を思い出してもらいます。

すると「あっ、確かにあの時全然仕事できないって言われたけど、

仕事が全部できていないわけではなくて営業の仕事は自信がないけど、

事務はわりとできているかもしれない」

なんて思ったりするかもしれないですよね。

すると、頭:自信持ちたい 心:少しは自信を持ってもいいんだになるわけなんです。

意外に悩んでいる事を色んな事に当てはまてしまう人がおおいので余計に悩みが増えたりするんです。

でも、実際は悩みは限定的で本当は悩むべきでないところまで悩みを抱えている人が多いです。

 

それに、心と頭が一致しないことはしょっちゅうあります。

悩みのない人はいません。

どれだけ悩みと上手く付き合っていけるかが重要だという事です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です