上手くいかないを繰り返さない!プロセス思考とは?

最近、卓球ってブームになっていますよね。

突然なんで卓球の話って思ったあなた・・・

ただ昔私が卓球やっていたから話題に出しました。(笑)

卓球にどんなイメージをお持ちですか?

オタクがやるスポーツって日本だと言われてりしますよね。

でも、海外だとかなり人気があってドイツなんかだと日本でいうサッカーぐらい人気があるそうです。

知っていましたか?

これも一つの思い込みですね(笑)

ではさっそく今日のテーマです。

 

来年もこのままは嫌だなぁ・・・

 

じゃあ少しづつでいいから

昨日の自分と違うことしていかなきゃね・・・

 

大事なのは知識やノウハウや技術ではなく、意識。

最も大事な習慣も意識により創られていきますので

 

泣いて君の未来が良くなれば泣けばいい・・・

ごまかして君の未来が良くなればごまかせばいい・・・

自分を偽って君の未来が良くなれば偽ればいい:::

我慢して君の未来が良くなれば我慢すればいい・・・

先延ばしして君の未来が良くなれば先延ばしすればいい・・・

面倒を後回しして君の未来が良くなれば後回しにすればいい・・・

意地を張って君の未来が良くなれば意地を張ればいい・・・

嘘をついて君の未来が良くなれば嘘をつけばいい・・・

悶々として君の未来が良くなれば悶々とすればいい・・・

今の妄想して君の未来が良くなれば妄想をすればいい・・・

今の仕事をして君の未来が良くなれば今の仕事をすればいい・・・

今が楽しくて君の未来がよくなれば今を楽しめばいい・・・

今の君の意識ややり方の延長線上に未来は紡がれている・・・から

今が満足であれば、未来もきっと満足になっていく。

でも、今が満足でないなら

今、君がやっているクセを変えなさい

ってのが大切なんです。

結果はプロセス(過程)によって導かれる

今あなたがやっているクセ、意識している事or無意識にやっている事がプロセスになり結果をつくりだす。

例えば、夕食後に甘いものを食べるというクセがあれば、太っていくという結果をつくりだします。(笑)

それが嫌ならクセを直していかなければいきません。

大切なのは勇気根気です。

クセと違うことをやることは、新しいことをやるのと同じで怖いです。ですから勇気が必要になります。

そして一度固められてクセを解除するには、根気強さが必要になるのです。

でも、安心してください。

結果をすぐに出せとはだれも言ってません。

プロセスをゆっくりでもいいから変えれば、あなたが望む未来へ一歩一歩近づいていくのです。

プロセスを修正するときに望む未来がわからない方もいると思います。

そういう方はやりたくないことを数えてみるといいですよ。

その反対があなたのやりたい事かも・・・その方向に向けてプロセスを創っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です